投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


5ドア発見

 投稿者:ひらぴーメール  投稿日:2017年12月22日(金)23時46分26秒
編集済
  珍しくディーラー系の5ドアを発見しました。
http://ucar.honda.co.jp/detail/HOT000737425/
 

RSi 不具合レポート10 : トノカバー修理完了

 投稿者:ミシガン  投稿日:2017年12月 4日(月)12時10分8秒
  ついに今回RSiのトノカバー修理、完成しました~! お付き合いありがとうございます。

1.前回迄で板部は完成した為、表皮の布の貼付けです。

 オリジナルはどんな接着剤で貼られていたのか分かりませんので、いろいろ考えました。
スプレータイプの接着剤orボンドG17とかが候補となりましたが板との接着という事でG17にしました。大きいサイズの物を購入、 しかしこんなに量は使わず小さいサイズで本当は十分でしたが。
全面に塗る必要は無く折り返した部分にのみ塗布すればいいです。

2.そして、百均のクリップにて外周部を固定。結構数が必要でした。
 オリジナルの板は左右方向で約10mmほど縮んでおり今回はそれを補正する長さに延長した為、折り目が少しずれます。しかしあまり目立ちません。
 乾燥する時のガスを嫌って丸1日は車外で放置しました。

3.その間に左側新規の支持棒が今回M10ネジですので、これでは装着状態で
面圧が上がり振動により相手側の樹脂摩耗が懸念されます。
 よって次の加工を施しました。

 1)エポキシ粘土(2種類を混ぜるタイプ)でネジ部を含め丸く盛ります。
 2)丸1日硬化させた後、エポキシをやすりでネジがうっすら見える程度に削ります。
  金やすりなら結構簡単に削れます。これでφ10程度となります。
 3)その部分に熱収縮チューブを被せライターで加熱、これで丸棒且つ黒色になり、     バッチリです。

 ここで余談ですが豆知識:熱収縮チューブの商品名は2種類あります。
 ヒシチューブ → 三菱製です。三菱の菱からそう呼ぶそうです。
 スミチューブ → 住友製。 すみとものスミです。

4、そして・・・ついに完成しました~!!

5、両方の支えがある事と補強枠がリベットで固定されている事でしっかり感Upしており、自己満足しております。 車両購入当時はこんな感じだったのかなとか思っています。
更に愛着も向上しました~!

楽しんでもらえたでしょうか?

今度はどこをメンテナンスしようかな~ っです。
 

RSi 不具合レポート9 : トノカバー修理

 投稿者:ミシガン  投稿日:2017年12月 2日(土)16時28分28秒
編集済
  早いですね~もう12月突入しましたね。

またまたRSiの個人的な楽しみ&修理状況の続きです。

前回のレポート8に続いて下記を実施致しました。

1.新設板に金属補強板を取り付ける為のリベット打ちです。
 金属補強板から穴位置をコピーした所にドリルで穴を空けますが、慎重にやったつもりでも若干の位置ずれが発生しました。よって各部にリベットの針を最初に全て差し込み、そのずれ具合でずれたところを少し追加工し全てが入るようにしてから、ハンドリベットを打って行きます。打つというより心棒を引き抜くのですが。
その時板の表面積を少しでも稼ぐ為にM4用ワッシャーを全てに敷きました。
これで木製板の陥没を抑制しました。

2.初めてハンドリベットを使いましたが意外と簡単でした。
これでハンドリベットの技術Getです。

という状況でまだ続きますよ。
 

RSi 不具合レポート8 の写真です。

 投稿者:ミシガン  投稿日:2017年11月28日(火)10時05分32秒
  残りの写真です。  

RSi 不具合レポート8 : トノカバー修理もうちょっとです 

 投稿者:ミシガン  投稿日:2017年11月28日(火)10時02分39秒
  またまたRSiの個人的な修理経過記録ですが。(トノカバー修理進捗状況です)

1.新設板に金属補強板を取り付ける準備です。
 ここで重要なのはリベット止め用のφ4mm穴空けですがそのピッチを正確に合わせないと上手く行かない為、慎重に金属補強版から穴位置をコピーします。

2.前出の形状図のように3mm厚の金属板から切り出しました。 やはり大変でした。

3. 「3mm鉄板切り出し板」に4か所、M4のタップを切ります。(下穴径φ3.3です)

4.「3mm鉄板切り出し板」と「ボルト一体板」をM4マシンネジで固定します。
ちょっとネジ間が狭かった為ネジ頭の種類を変えました。
4本のマシーンネジはタッピングとは違い結構強力で安心感があります。

5.この一体化した物を前側の金属補強板に通して板と蝶番と共にネジ固定しました。

 ここの作業が難関でしたが、何とか上手く行きましたのでもうちょっとです!
 ふ~ッ!

という状況でまだ続きます(汗)
 

RSi 不具合レポート7 : トノカバー修理

 投稿者:ミシガン  投稿日:2017年11月23日(木)16時25分44秒
編集済
  楽しく拝見させて頂いたsendagiさん、東北旅行レポートありがとうございます。
又、お願い致します。

継続していますRSiの個人的な修理経過記録になってしまいますが、投稿させて頂きます。
お付き合い宜しくお願い致します。

さてトノカバー修理進捗状況です。 (本件は前期型に限定した内容です)
トノカバー後ろ側の新規木製板、購入。
4mm厚みを探すのにいろいろなホームセンターを回りましたが、なんとかです。
4mmはやはり弱くペラペラな感じですが、オリジナルの厚みでしたので。


1.大物は欠けていた中央左の支柱をどう作るかです。 → 樹脂の残りと右側との比較でまずは形状図の作成です。(写真の様に寸法をノギスで測定し作成しました。
測定誤差あります)

2.これを金属の板から切り出す予定です。 3mm厚の鉄板購入しました。←これを金鋸で切るのは大変と思いますが、やるしか無いです。

3.丸棒シャフトは板が一体化しているボルトを購入。M10。
そして位置が単純ではなくオフセットしており、これも3mm厚みの部分を三角に切り、穴開けしました。 よって2分割で作りネジ固定とします。 使われている蝶番も単純ではなく2つ折りをやり易くするために板と板の間が空けてあります。 設計者の配慮が伺えました。

4.板の補強鉄枠固定用のハンドリベットを購入しました。 4mmタイプを使う事になります。

今回はここまでです~。
 

残り物画像です。

 投稿者:sendagi  投稿日:2017年11月19日(日)21時34分52秒
編集済
  ここまで、概ね撮影順で載せてきましたが、11/5は午前中に盛岡南ICから高速入って、
サーっと帰ってきちゃいました。あとは、載せるタイミングを見送っていた画像を載せて終わります。

押角駅へ行った後、峠のトンネル工事の様子を見ました。廃止されたJR岩泉線の押角トンネルを、
拡張して国道のトンネルにする工事が行われており、完成後にこのトンネルをインテグラで通るには、
少なくともあと1回は車検を通して、車を維持する必要があります。

前回投稿の門馬トンネル開通前の旧道を、宮古側から盛岡方向へ走って、
現国道に合流するところまで行くと、2015年12月の、JR山田線の土砂崩れ現場に出ます。
現国道上まで出ると、川を挟んで対岸にあるので状況がよくわかりますが、
交通量が多く路上駐車は危険なので、この位置にインテグラを停めました。
山の斜面は対策工事済みですが、工事用の仮設橋などはまだ残っています。

国道106号線の盛岡市内のエリアでは、ダム建設が進行中で、それに伴い、道路が付け替えになります。
水没する運命の、付け替え前の道路を走りたかったんですが、時既に遅く、通行止めになっていました。

 

再びドライブ

 投稿者:sendagi  投稿日:2017年11月17日(金)22時39分17秒
編集済
  先ほど列車で通った、平津戸駅に寄ってみました。国道106号線のすぐ脇で、プラっと立ち寄れます。
約2年ぶりに運転再開した区間内の駅ですが、この駅に発着する列車は下り2本、上り3本だけです。

国道106号線は過去の道路改良で結構走りやすくなっています。それを、トンネルの直前にある、
脇にそれる道路へ入って行きました。そういう脇道はトンネル開通前までの旧国道だったりします。
この場所は門馬トンネル開通前の旧道上で、門馬トンネルは昭和48年3月開通なので、
それまではこの道が現役の国道だったことになります。

紅葉はもう終わりくらいかなというところで、しかも曇り空だったので、見映えはイマイチでした。

 

鉄分全開

 投稿者:sendagi  投稿日:2017年11月17日(金)22時15分2秒
編集済
  ミシガンさんにはもうちょっとこのレポにお付き合いいただくかも。

2015年12月の土砂崩れにより、JR山田線は一部区間が不通になっていましたが、
復旧工事を終えて、11/5から約2年ぶりに全線運転再開することになり、
その日の上り一番列車に乗りました。ただし、乗車区間は川内駅から区界駅までです。
今回はインテグラは某所に置き去りです。
画像ではわかりませんが、小雪が散らついていた区界駅で列車を降りました。
この後は、JR山田線と並行する国道106号を走るバスで車を取りに戻りました。

上から、区界駅に到着した宮古発上り盛岡行列車、JR線では東北一の標高の区界駅の看板、
区界駅近くの「道の駅くざかい」では気温0℃~1℃の状況で、温かい飲み物が欲しいなぁと、
何台もある自販機から迷わず選んだのがこの看板の付いていた自販機・・・です。
 

凄いです!

 投稿者:ミシガン  投稿日:2017年11月17日(金)13時24分52秒
  sendagiさん、東北遠征のレポート楽しく見させていただいています。
鉄分の濃い色んな所に行かれたんですね。
クイントインテグラも随所にマッチしていて風情のある写真!
特に押角駅の現役時代も両方見れて、こんないいところがあるとは。
まだまだ続き、期待しておりま~す。
 

/74