teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/730 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

映画感想③

 投稿者:  投稿日:2011年 8月16日(火)00時14分37秒
  通報 編集済
  「あしたのジョー」

伊勢谷の見事なまでに鍛え上げられた姿を動画で見たかった、それだけのはずなのに。

ジャニーズ主演の漫画原作の映画なんてと思っていたら、本気度の高い良い映画でした。

丈と力石を役者二人がちゃんと演じてる。

ボクシングのリアリティーはもちろん、背景のセットや雰囲気も違和感なく、普通に物語に見入ってしまいました。

映画としてかなり良い出来。

たぶん、スタッフやキャストがみんな「あしたのジョー」をちゃんと好きで、それをスクリーンを通して伝えたいというのが、ちゃんとあったんですね。

2が観たいのだけど、説得力をもってカーロス・リベラを演じられる役者が思いつきませんな。






「ランボー 最後の戦場」

何だろう。

この蛇足感。

止めるのも聞かずにミャンマーに連れてけという、いけすかない慈善の連中を助けに行った「ランボーと5人の傭兵の皆さん」と、ミャンマー政府軍の小規模なドンパチを描く。

ていうか、脱げよ、動けよランボー。

ていうか、ミャンマー軍事政権はそのままかい?

とりあえずラストシーンでランボーが故郷の牧場に帰りつくシーンが見られたことだけが良かったなと。

ベトナム戦争が1975年に終わってから、30年以上ですか、お疲れ様でした。

それでも、悪夢にうなされる日々は続くのでしょうね。

 
 
》記事一覧表示

新着順:4/730 《前のページ | 次のページ》
/730