teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/730 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

感想「最後の忠臣蔵」

 投稿者:  投稿日:2011年 9月23日(金)15時05分3秒
  通報
  映画「最後の忠臣蔵」

監督 杉田成道

主演 役所広司 桜庭ななみ 佐藤浩市


【あらすじ】(Wikipediaより)

元禄赤穂事件より16年。

赤穂浪士の生き残り寺坂吉右衛門(佐藤)は大石内蔵助から、「事件の真実を後世に伝え、浪士の遺族を援助せよ」との命を受け、ようやく最後の遺族を探し出したことで浪士の十七回忌法要が行われる京へ向かう。

その道すがら、寺坂はかつての盟友瀬尾孫左衛門(役所)と再会する。

討ち入り直前で逃亡した瀬尾だが、実は彼もまた大石の隠し子の可音(桜庭ななみ)を守り育てるよう命じられていたのだった。







果たして「最後の忠臣蔵」とは何を意味するのか。

武士の生き方とは、忠義の道とは。

正直、登場人物の心情や行動が理解出来ない点が何ヵ所かありました。

しかし、それは僕が現代人であるからなのだろうなと、「北の国から」の杉田成道演出にねじ伏せらてしまいます。

気がつけばそこかしこのシーンで、うるうると。

16年ぶりの再会で、最初は斬り合いになるものの、全てを理解した寺坂と孫左衛門の、見つめあい涙をこらえ無言でお互いを労う表情に、観てるこっちが先にやられてどうする。

なぜか劇中で随所に挿入される人形浄瑠璃「曽根崎心中」。

実は当の可音は自分を育ててくれた孫佐衛門を親代わり以上に慕っており、一方の孫佐衛門は自分自身の可音への愛情がどういう種類のものであるかについては「使命」の名のもとに向き合おうとはせず、押し殺している。

しかし、可音も自分が大石の娘であることを知ると、武家の娘として浅野家家臣として望まれていることは何かと理解し、孫佐衛門の使命を果たさせるために、豪商茶屋家との縁談を受け入れます。

婚礼の日までに孫佐衛門のために着物を縫おうと、反物を買うところから四苦八苦する可音のいじらしい演技はなかなか。

桜庭ななみという女優さんはほとんど認知がなかったのですが、声を聞いて「サマーウォーズ」のヒロインの声を演じてた人だというのを思い出しました。

演技そのものはそこまで上手くはないと思うのですが、声量が無いのか、張り上げると泣いてるかのように湿ってしまう声が、なんかこう訴えかけて来るのです。

「サマーウォーズ」の「まだ負けてない!」という台詞は耳に残っています。

婚礼の日に、「幼い頃のように抱いてくれ」という可音にまたうるうる。

そして、たった二人の疑似親子の寂しい花嫁道中に、生き残った赤穂浪士達が次々と加わって大行列になっていくシーンは涙涙。

可音の幸せが、赤穂浪士達(生者も死者も)の希望の象徴。

役所は「困惑」や「悩む」といった負の演技が上手いという印象があって、だからこそ「吹っ切れた」表情の対比が鮮やか。

茶屋家の門をくぐる前に自分を振り返った可音に、人垣の後ろの方から晴れやかな顔で頷き「幸せにおなりなさい。」と唇の動きだけで伝えるシーンは、「父から娘へ」の表情としては至高の演技です。

ラストの可音の赤ん坊の頃からを思い出しながら微笑む表情などは、みぞおちに響きました。

可音を送り出した孫左衛門の長かった役目は終わり、逃亡者という汚名も晴れる。

そして、孫左衛門は…。

そうか、これは「精神的な心中」なのか。


不自由で不平等な時代だからこそ、与えられたものや受けた恩にどう報いるのか、何を大切と考えて生きるのか。

それぞれの登場人物達が、現代の損得感覚とは折り合いのつかない理屈で動きます。

現代人の感覚から観ると、どうしても理不尽に思えてしまうもどかしさ。

それでも、それぞれが自らの気持ちを押し殺すその姿が、切なく美しい。

日本人なら共感し涙する名作です。

お薦めです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/730 《前のページ | 次のページ》
/730